会社案内

top page>>会社案内>>理念とご挨拶

ご挨拶


「皆様の夢を書き込みます」

1985年4月13日、長野県松本市に有限会社クリエイティブを立ち上げ、ROM書き込みサービスの事業をスタートさせました。 その後社名を株式会社ロムテックと変更し東京へ進出、現在は国内に3つの拠点をかまえ、全国のお客様にその対応力をご提供できるよう、取り組んでおります。
また私たちの心の中には「夢を書き込む」という理念があります。その理念から3つの夢を理想として掲げ、常にその実現を心掛けてまいりました。

・お客様の夢を書き込む
私たちは従業員60人程の小さな会社です。
小さな会社だからこそ発揮できる対応力を常に追求しております。
お客様のニーズを掴み取り、もてる力を最大限に発揮し、今後の強い信頼へと繋げていく。
私たちロムテックを大切なパートナーと感じていただけるよう、期待以上の対応力を発揮することがお客さまが抱く夢に繋がると信じております。

・社員の夢を書き込む
社員全員がお互いに尊敬し合える風土が存在することによって、お客様が納得のいく製品・サービスの提供が実現出来ると考えます。
誰もが会社や自分自身に明るい未来を抱ける環境を構築することが、経営者の使命でもあります。
育児や介護のバックアップ、ダイバーシティの理解等、多様な働き方も強く推進し、社員の夢を支えていきます。

・社会への夢を書き込む
私たちは日頃から社会に生かされております。その社会に恩返しをしていくことは企業の社会的責任ではないでしょうか。
将来社会が必要としてくれる会社に飛躍することで、永続という大きな目標に近づくことも可能となります。
社員全員が社会に対し共通の価値観をもち、共に働きがいを見出していくことで、社会への夢が実現できるよう取り組んでまいります。

2020年を目前に控え、オリンピック需要の反動、消費増税、世帯数の減少等、企業活動への様々なリスクが想定されます。 私たちはいかなる状況においても、期待以上の製品・サービスがご提供できるよう、「夢を書き込む」という理念と共に、皆様のパートナー企業No.1を目指してまいります。

今後とも株式会社ロムテックへのご支援・ご指導のほどよろしくお願い致します。

2018年4月1日
株式会社ロムテック
取締役社長 鈴木博之

新鈴木社長

理念

振り返れば1978年からROMの書込み業務に携わっています。 まだROM容量が4KbitからPROMライターという書き込み装置を使って プログラムやデータを書き込んでいました。 時代とともに、ROMの容量も急速に大きくなり、わずか30年以上前の ことが大昔の時代のような錯覚さえ起こします。 しかし、大昔(?)も今も感じることは同じです。
それは、、、何がこのROMに書き込まれているのだろうか? という疑問です。
幸いにもこの疑問はいろいろな場面で知ることができました。 お客様の設計者の方が教えてくださいます。
「○○に使う」 「○○を制御するため」 「○○のメイン部分です」
など、ROMがいろいろな目的で、しかもとても重要な役割を 担っていることを教えてくださいました。 私が設計者の方とお話して強く感じることは、その方の目が 生き生きと輝いていることでした。 たぶんそれは、ROMの中に書き込むプログラムには、 設計者の夢がギュウギュウに詰め込まれているのでしょう。 だから、輝いて見えたのだと思います。 私たちROMTECは、設計者の夢をROMに書き込みしている 重要な任務を背負っています。 その壮大な夢を叶えるためにできることは、 私たちもROMの書き込みに夢を持つことです。 「お客様の夢をROMに書き込み」
そして、私たちはROMの書き込み業務を通じて、 「私たちの夢を書き込む」 さらに地域、社会の中で生かされている私たちは 「社会のために夢を書き込む」 を理念にこれからも頑張って行きたいと思います。
「夢を書き込む」ROMTECをどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社ロムテック 代表取締役 松本 壯志